2015年7月16日木曜日

やっつけクレーンゲーム講座 【確率機ってなんぞ?】

お晩です。

突然ですが…


よくわかる!?『やっつけ クレーンゲーム講座』~


当ブログ管理人のワタクシが乏しい知識とGoogle検索を駆使してクレーンゲームの素朴な質問にお答えするこのコーナー

早速、おたよりが届いております。

東京都久留米市からいただきました【超遅咲きラブライバー】さんからの質問…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実は剣山クレーン乱獲の記事⇒(7/5 本日の散財記録)を見て、「自分も挑戦してみよう!」とラブライブ!のプライズが同じような小さい三本爪クレーンの筐体に入っていたので挑戦したんです・・・。

でも、ガチャ!って掴んで、ちゃんと持ちあがるのに、移動した瞬間落ちちゃうんですよ・・・。

ちなみに『右』『左』と動かした後『つかむ』ってボタンがあるタイプでした。

で、深みにハマらないよう、400円吸われたところで逃げ帰ってきました・・・

教えて頂きたいのですが、あの『つかむ』ボタンって意味があるんでしょうか? 普通クレーンって下まで行けば勝手に掴むと思うんです。なぜあえて掴むボタンがあるのかな?と・・。

なにかそこに、あの台を攻略するヒントが隠されているんでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なるほど~。ラブライブ!グッズが手に入らなくて残念でしたね~。

次回はこんなことのないようにズバッと投げやりに質問にお答えします。


まず、【遅咲き】さんが挑戦した筐体は 『三本爪のクレーン筐体』 ということでした。

私の記事と同じような…ということなので、おそらく…


こんなヤツですね。

【遅咲き】さんの場合は 『掴む』 ボタンがあったということで、コレがポイントなんじゃないかと思われているようですね~。


まぁ…結論から先に申し上げますと









『掴む』 ボタンが全く攻略において関係ないとは言えませんが、特にこのタイプの筐体では重要なことではありません。

まず知っていただきたいのは、コチラの筐体は 『確率機』 といわれるタイプの筐体です。

確率機とは…

【店側が設定した金額に達しない限り、クレーンが本来の握力を発揮しない筐体】

と思って頂ければよろしいかと思います。

具体的には、店側が1000円という金額を設定した場合、その金額に達するまで(100円☓10回とか)景品が獲れないようになっており、 ちゃんと持ちあがるのに、移動した瞬間落ちちゃう という現象が続くことになります。

おそらく景品を掴んだことをセンサーが察知してクレーンが上がりきった時にアームの握力が極端に弱くなるのだと思います。

そして設定金額に達するとクレーンが本来の握力を発揮してシューター(落とし口)まで運んでくれるというわけです。

ようは…

『販売価格の見えない自動販売機』

というわけです。


『確率機』にも色々なタイプがありますが、この三本爪のクレーンの筐体は大小問わず『確率機』と見て間違いないでしょう。


…ここで【遅咲き】さんは疑問に思われたかもしれません…



『お前!この前、乱獲した言うたやないけ!デマやったんかい!400円返せ!ボケ!』



確かに過去の記事において、寝そべりフィギュアを4体、600円で獲ったと書きました。


まず考えられるのは、【設定金額が100円だった】かもしれないということ。

通常では考えられませんが、このシリーズのVOL2が展開されている時期にVOL1のこのプライズは大放出中だったかもしれない…この可能性も無いとは言い切れません…まぁ…ほぼ100%無いですが…。


2つ目は【センサー感知の網をかいくぐった】ということ。

そもそも『景品を掴んだ』ということを何をもって判断しているのでしょうか?

ワタクシが考えるのは

①クレーンにかかる重さ

②景品を掴んだ時のアームの形状の変化

このどちらか、または2種の複合だと思っています。


②はちょっとわかりずらいかもしれませんが、
図1


景品が獲れなかった状態だとセンサーは反応せず
図2
景品を掴んだ時はアームが変化するのでそれをセンサーが感知


といった具合です。


翻って、ワタクシが挑戦した設定を見てみると

①(重さ)に関しては、この景品は異常に軽いです。以上…

②(形状変化)に関して…いくら小さい景品とはいえ、図2のように爪先で掴んだのではどうしてもアームの形状変化はおきてしまいます。しかし今回はフロアが剣山設定で、いわば景品の下側はちょっとした空間になっています。そのことにより 『爪先で掴む』 のではなく 『握りこむ』 ことが可能です。


ちょっとわかりずらいですが、景品が小さいので掴ってしまえばアームは閉じきってる状態です。私の仮説②がセンサー発動の条件であればセンサーは発動しないわけです。

仮に私の仮説が間違っていたとしても景品が異常に軽いので、センサーが発動してクレーンが弱くなったとしても握りこんでさえいればある程度は運んでいけるかも…という計算もあってチャレンジしたわけです。

このように『確率機』といえども、その環境によっては店が設定した金額よりも安く景品をゲットできることもあります。(自分は『イレギュラーゲット』と呼んでいます)

他にも、この三本爪の筐体(ジェミニ筐体)であれば、持ち上がる際に結構大きく揺れるので、その反動を利用して景品をずらす…なんてことも考えられますね。

当然、確率機の種類によっては、完全なるデジタル制御がされていて、店側の設定金額通りにしか払いだされないものもあります。

その辺りの種類は↓↓のリンク先に詳しく載ってるんで参照していただければ



⇒取れそうで取れない!?ゲームセンター等にある”確率機”には要注意かも!?


ん~。奥が深いぞ 『確率機』


最後に『確率機』の利点と欠点、それと基本的な攻略法を


利点
例外はありますが、基本的に技術を必要としません。店側もこの金額なら獲られても利益が出るという金額を設定するので、わざわざ難しい配置等をしなくてもよいわけです。そもそも難しい配置にするとお金すら入れてもらえないので、設定金額に達したら掴めば捕れるという配置になっているのがほとんどです。

欠点:
まぁ…まず1発では獲れません。大放出ではない限り100円入れて獲れるならそもそも『確率機』に入れる必要ないわですから…。ある程度の投資は覚悟しなければならないというわけです。


基本的な攻略法:
ズバリ!ハイエナです。他人がやって獲れなかった台を狙うということです。設定金額が決められている以上、100円を入れれば入れるほどゲットの確率は高くなるわけですから、他人が諦めた台であれば初めからやるよりかはお得です。逆に言えば一度お金を入れると後には引けなくなるので覚悟して挑戦するように!


いかがでしたか~。【遅咲き】さん。最近のゲーセンにはこんな悪どいクレーン筐体があるんですよ~。怖いですね~恐ろしいですね~。

しかも今回ご紹介したのは『確率機』のごく一部です。ゲーセンで無駄なお賽銭をしない為にもしっかり学習しておきましょうね~。





※この講座は管理人の貧しい経験をもとに開かれたものです。


信じるか信じないかは…アナタ次第…。






4 件のコメント:

  1. 他人が諦めた台であれば初めからやるよりかはお得です。・・・

    他人が諦めた台であれば初めからやるよりかは・・・・・・

    他人が諦めた台であれば・・・・・・・・・

    っあどうも!遅咲きです!w
    こんなにも詳細に教えて頂きありがとうございます!!
    途中で諦めちゃいましたよ・・・今頃僕の凛ちゃんパペットは他のライバーさんに持っていかれたって訳ですね・・

    しかしほんと、本出せるんじゃないの?っていうくらい詳細で、図まで作っていただいて、確率機の怖さがよ~~く判りました。
    自分ギャンブルとかダメな方なんで、SEGAのゲーセンでお兄さんにアドバイス受けながらようやくゲットしたみたいに、普通のクレーン(確率機じゃないのは呼び名あるのかな)の方が向いているかもしれません(笑)

    その昔、ものすごく大きな三本爪のクレーンで、100円一枚で「なめこ」のぬいぐるみ取ったことがあるんですが、謎が解けました。運が良かっただけだったんだなってww

    >Vol2が出てる時点でVol1の景品が・・・
    っていう部分もなるほどーー!と思いました。お店からしたらVol2や他の新商品の為に筐体使いたいですもんね。
    『ちょっとサービスでもいいや、早く取っちゃって~』みたいな状況もあり得そうですもんね!

    お金をできるだけドブに捨てないよう、どうしても欲しい商品が確率機に入っていたら絶対に途中で諦めないようにしたり、正しいクレーンの楽しみ方をしたいと思います!ありがとうございました!
    (しかし、つまり確率機の商品は言い換えれば『つぎ込めば取れる』と言っても過言ではない訳か・・・・それはそれでマズイことを聞いてしまったかもしれない・・・w)

    返信削除
    返信
    1. コメありです。
      なんか…期待してたのとは違うヤル気を付けてしまったような…。
      問題は①『店側がいくらを設定金額にしているか』と、②『その筐体がいくらまで設定金額を引き上げられるか』なんですよね。
      ①に関してはもう経験しかないんですよね。自分がよく行く店は比較的余り物が確率機にまわることが多いのですが、それでも1000~2000円くらいですからね…。店によっても傾向は違うでしょうから見極めるのは難しいですね。
      ②に関してはネットの噂程度の情報しか知らないんで全然わからないようなもんですね…。モノによっては万単位の設定もできるらしいですし…。
      とりあえず自分はホントに絶対欲しいモノ、且つ自分の行動範囲でもう残っていいない時にやむをえずやる感じですかね…。
      まぁ…そうなるとオークション等で買ったほうが安いのかもしれませんが…。

      削除
  2. はじめまして。

    結構昔はかなーりUFOキャッチャーやってた記憶があるのですが
    最近のはそういう悪どい?事やってるんですか…知りませんでした汗

    昔に比べると最近は力弱いのばっかで取れる気がしなかったのは
    こういった機体があるせいなのでしょうね
    私は1度やって力加減みて「あ、これ無理」と判断したら止めるタイプなので
    勉強になりました。

    返信削除
    返信
    1. お初です。
      コメントありがとうございます。
      最近のクレーンゲームは掴むというより少しづつズラして落とすというのがほとんどですね。ですからどうしても手数(投資)が増えてしまいます。
      我々は特殊な調教を受けているので『そういうもんだ…』と思うこともできますが、たまにしか行かない人はクレーン動かしてみてちょろっとしか動かなかったりすると萎えますよね…。そうなってしまうと客離れにつながってしまう…。
      そこで考えられたのがこういった確率機だと思います。
      なんか撮れそう!と思わしといて、実は裏ではこんな仕組みになっていると…。
      悪ドイですけど個人的にはこういうのもしょうがない…というかアリなのかなと…。
      上で紹介したように、モノによってはイレギュラーでゲットできるのもありますんで、そういった抜け道を探し出すのもクレーンゲームの楽しみかなと…。
      はい…調教バッチリです…。

      削除